ひろせデイサービスでは利用者様のQOL(生活の質)の維持・向上のため、
寝たきり予防・認知症予防を目指し、
体のリハビリ(パワーリハビリテーション)と脳のリハビリ(らくしゅう式機能訓練)
を取り入れ、力を入れて行っております。

パワーリハビリテーションとは

老化に対するパワーリハビリテーションです

パワーリハビリテーションは、老化や器質的障害により低下した身体的・心理的活動性を回復させ、自立性の向上とQOL の高い生活への復帰を目指すリハビリテーションの新しい手法です。
日本でリハビリの専門職の手によって開発された、マシントレーニングを中心とした運動プログラムであり、各地で目覚ましい成果を上げています。 まさに、「老化に対するリハビリテーション」といえます。

軽負荷でのマシントレーニングです

パワーリハビリテーションは、筋力強化を目的としたプログラムではありません。
パワーリハビリテーションは、マシントレーニングを軽負荷で行い、全身各部の使っていない筋を動かします。
それにより、「すたすたと歩けるようになった」というような動作性・体力の改善、「外出するようになった」といった心理的活動性の改善が得られます。
パワーリハビリテーションが心臓に与える影響は「入浴」より軽く、運動によるリスクはほとんどないといえます。

行動変容をもたらすリハビリテーションです

身体の動きが良くなった、疲れにくくなったという動作・体力の改善は、「自己認識・自己概念」に変化をもたらし、自信もついてきます。
自信がつくことにより、行動の変化も生まれてきます。
また、パワーリハビリテーションのような軽い有酸素運動の時に、神経から放出される物質には、「うつの改善」など心理的効果も発揮します。
パワーリハビリテーション実施後に趣味であった社交ダンスや登山、絵画を再び行うようになったなど、数々の行動変容が報告されています。

くもん学習療法から「らくしゅう式脳機能訓練」へ

学習療法とは、音読と計算を中心とする教材を用いた学習を、学習者と支援者がコミュニケーションを取りながら行うことで、学習者の認知機能やコミュニケーション機能、身辺自立機能などの前頭前野機能の維持・改善を図るものです。
平成27年6月より、らくしゅう式脳機能訓練取り組み開始
ご自宅での生活機能の改善の為の「機能訓練」をしっかりと提供しています。
改善実績が官公庁からも評価を得ている「らくしゅう式脳機能訓練」を毎日提供しています。
運動だけでなく買い物等の家事に必要な記憶や注意力なども併せて鍛えることで利用者様のご自宅での生活機能の向上を図ります。また認知症予防の効果も期待ができます。デイサービスのあらゆる時間帯に「らくしゅう式」が入れ込んでありますので全ての利用者が1日デイで過ごす中で気がつかないうちに機能訓練を図ることが出来ます。

お気軽にお問い合わせください。052-629-1010受付時間 8:30 - 17:30 [ 月ー金曜日]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。